平和と暮らしと自由をまもるために、ご一緒に考えてみませんか? 主権者として・・・。  ご意見・ご感想はメールで mail@kumagai-keiko.net へ お願いいたします。


by kumakei22
カレンダー

<   2005年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 ご来訪いただいたみなさまへ

 いつも私のつたないブログおよびサイトをご覧いただきまして、誠にありがとう
ございます。
 このたび 私のブログでの扶桑社「新しい歴史教科書」不採択の要請行動へ
の呼びかけ紹介に際し、内容的にさまざまなご意見や、あきらかに誹謗・中傷
と思われるものまで一定数のメールや書き込みをいただきました。

 そのことについての私の見解を述べたいと思います。

まず、「妨害活動」と決め付けている方 ~ これは「要請」であって、国民が
行政に対して意見をいうことは国民の権利であり、大切なことです。

 現に不採択への要請だけでなく、採択するよう応援メールやファクスもたく
さん来ているそうですから、「賛成・反対」の意見をメールやファクスで送るこ
とに問題はないはずです。

 次に「個人情報保護法」に関して疑問をお持ちの方~個人情報保護法とは
「個人の権利と利益を保護する為に、個人情報を取得し取り扱っている事業
者に対し、様々な義務と対応を定めた法律です。 2005年4月より全面施行
されました。
基本的には本人である個人の権利を定める法律ではなく、企業が守らなけ
ればならない義務を定め、それに違反した場合には行政機関が処分を行な
うという性格を持っています。」
(参照→http://www.ntt.com/business/p-info/gaiyo.html)


教科書選定委員長・教育長の氏名は今回の教科書採択に関しての責任者・
教育行政の責任者として「公人」との立場で一度載せましたが、その後「今ま
で氏名を出すのが当然だったが、最近は各自治体とも、法との関係で教育
長名など個人名は出さないようにしているはずです。」という助言をいただい
たので、とりあえずブログからは削除し、LOVE PEACEの平和情報ページ
からは氏名を削除しました。

 誤解もあったようですが、住所、電話番号、ファクス番号、メールアドレスな
どは、すべて公的機関の役場・教育委員会等のものであり、個人情報ではあ
りません。

 最後に扶桑社「新しい歴史教科書」が なぜ問題なのか 疑問をお持ちの方~
日本国憲法 前文で 
「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決
意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」  
とあります。

 この教科書では、「政府の行為によって再び戦争の惨禍が」おこりかねないと
考えているからです。 詳細をここに記載するには長すぎますので、http://www.jcp.or.jp/topics/kyoukasyo.htmlを ご参照ください。

 憲法12条にもあるように、
「この憲法が国民に保障する自由及び権利は国民の不断の努力」 で 守らな
ければなりません。

 もし、戦争がおきれば 戦前のように 自由も権利も 大きな制限を 受けるこ
とになります。

 「日の丸」「君が代」も国民の十分な議論がないまま法制化され、「教育では強
制しない」といいながら、今現在、学校現場に強制されています。

 また、憲法を変えてアメリカの要請にこたえて一緒に戦える「自衛軍」などをつ
くろうとする動きもあります。

 これらのことを総合的に考えると、 「政府の行為によって再び戦争の惨禍が」
おこりかねません。

 いま、国民の一人一人が平和を望むならば、その意思表示を行動に表すべき
ときだと考えます。

 憲法と扶桑社の「新しい歴史教科書」にかんする さまざまな本も出版されてい
ます。
 じっくりと読んでみませんか。


くまがい 桂子
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-20 08:43 | その他
『ただいまブログ更新めざして工事中のため、
コメント・掲示板を一時停止させていただいています。
ご了承ください。
ご意見・ご感想はメールでお寄せください。』
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-18 13:01 | その他
* なんという恥知らずな・・・! 従軍慰安婦を誇りに思え?!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――報道によると、日本の中山成彬文部科学相はこのほど演説で、「アジアの被害を受けた女性は、慰安婦になったことに誇りを感じるべき」と述べた。中国はこれをどのように論評するか。

「日本の内閣関係者がこのような恥知らずな言論をまたも発表した・・・憤慨と強い非難を表明する。・・・・・・・被害国の国民の感情を傷つけるものであり、日本政府は・・・・・・厳しく管理する責任がある。 」

「従軍慰安婦」は、日本軍国主義が第2次大戦中、中国を含む被害国の国民に対して犯した深刻な罪の1つ。
 いかなる人も言い逃れることのできない歴史的事実だ。

今年は世界反ファシズム戦争勝利60周年。

日本は、誠実な態度で歴史を直視し、深く反省し、
「慰安婦」問題を含む歴史遺留問題を適切に処理するべき。(編集SN)

「人民網日本語版」2005年7月12日
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-13 16:30 | 平和情報
ここからでもWebサイトに行けます
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/hisen110.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎「靖国参拝取りやめ署名」
小泉内閣総理大臣に、東条英機など14名のA級戦犯を合祀する「靖国神社を参拝し
ない」と宣言することを求める署名
  現在2320名。6月30日の第三次締め切りまでに1734名でした。引き続
き、少なくとも万単位をめざし、より一層署名を広めていただけますようお願い致し
ます。第四次締め切りは7月15日。
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/05.4yasukuni.html
◎今後も、中止・変更・新規配信などお気軽にお申し付け下さい。投稿もどうぞ

=========================================================
毛利正道 mouri-m@joy.ocn.ne.jp http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/


初夏の乗鞍高原http://photog-shinsyu.com/gallery/05-syoka/slide.html
■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
も く じ    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
国際ニュース   非戦つうしん110-1  もくじと本文  05.7.13
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/hisen110.html#110-1
1-1 イラク最新情勢
1-2 韓国:北朝鮮に電力提供を提案 核廃棄への同意見返りに
1-3 慰安婦めぐる日本閣僚の発言を非難 外交部報道官
1-4 重慶大空襲の被害者が日本政府を相手に訴訟へ
1-5 「日本人は謝罪して入れ」 中国のレストランが張り紙
1-6 韓国、米軍基地移転問題で市民と警官隊衝突・100人負傷
1-7 原油高騰の背景 需要増に供給追いつかず “イラクの誤算”や投機も
1-8 パレスチナ人5万人を分断・イスラエルが分離壁新ルート
1-9 型武器報告書:紛争死者の6~9割は小型武器が原因

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
国内ニュース 非戦つうしん110-2  もくじと本文  05.7.13
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/hisen110.html#110-2
2-1 再議を求めましょう(毛利) 「つくる会」教科書、栃木・大田原市が採択
2-2 安全崩壊怒り頂点/「子ども守れぬ」声詰まらせ 「都市型」訓練強行
2-3 性暴力もう二度と/被害女性の手紙 ぜひ手紙を読んでください(毛利)
2-4 「教科書問題」外国特派員協討論会を開催  虐殺の苦しみ反映させて
2-5 公害の様相示す アスベスト中皮腫での女性 8割「吸った覚えない」
2-6 東京・杉並不当逮捕 「違法行為していない」 勾留理由公判で主張
2-7 詳細解説  「戦争する国家」をめざす自民党改憲案  上田耕一郎

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
諸情報     非戦つうしん110-4  もくじと本文  05.7.13
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/hisen110.html#110-4
4-1 今回注目したAML
4-2 「ホテル・ルワンダ」の日本公開を求める署名運動開始
4-3 「映画」「友の碑-白梅学徒の沖縄戦」「我が子の碑」
4-4 「公的医療保 と私的医療保険」原義弘
4-5 ストーンウォークジャパン2005」ご紹介
4-6 イラク世界法廷イスタンブール法廷 報告
4-7 渡辺治 憲法「改正」ー軍事大国化・構造改革から改憲へ ご紹介
4-8 【 ロンドンを襲った惨劇に思う 】  goo-needs
4-9 日本から「ノーベル平和賞1000人の女性」に6名ノミネート
4-10 人類の友好を深めるイベント
4-11 『平和を愛する米国市民の皆様へ』 イラク人より
4-12 イラクホープネットワーク・メンバーによる…「アメリカを語る」リポート
4-13 反戦のメールも共謀罪?!★遊牧民★
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-13 15:57 | 平和情報
 「新しい歴史教科書」を採択しないで!~ 昨日のこの件に関して

ある方から「それって、威力業務妨害では?」という非公開コメントをいただきました。

私の考えをコメント欄に載せましたがここにも記載しておきたいと思います。

 「新しい歴史教科書」は子どもたちをマインドコントロールするもの・・・といえるほどひどい内容で、世界中の常識的な歴史認識をまったく無視しています。

 しかしそのことをマスコミがしっかりとわかりやすく伝えず政府も都合がいいので、「教科書」として検定に合格させました。

 原爆の被害者の数も従軍慰安婦もアジアの植民地化もきちんと伝えず、戦争を賛美するかのような記述であり、「戦争放棄」「基本的人権の尊重」「国民主権」の憲法の根幹にそむく内容で、教科書と認められたことがそもそも間違いだと思います。
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-13 09:45 | とびとび日記
 昭和22年から27年にかけて、中学校1年生の社会科で使用された、文部省による憲法の公式解説書ともいえる小冊子です。今読んでも”新しい教科書” 「あたらしい憲法の話 」です。これに比べると逆に悪名高い「新しい歴史教科書」の古さが際立ちますね!

六 戰爭の放棄
 みなさんの中には、こんどの戰爭に、おとうさんやにいさんを送りだされた人も多いでしょう。ごぶじにおかえりになったでしょうか。それともとう/\おかえりにならなかったでしょうか。また、くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。いまやっと戰爭はおわりました。二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。こんな戰爭をして、日本の國はどんな利益があったでしょうか。何もありません。たゞ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。戰爭は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。だから、こんどの戰爭をしかけた國には、大きな責任があるといわなければなりません。このまえの世界戰爭のあとでも、もう戰爭は二度とやるまいと、多くの國々ではいろ/\考えましたが、またこんな大戰爭をおこしてしまったのは、まことに残念なことではありませんか。
 そこでこんどの憲法では、日本の國が、けっして二度と戰爭をしないように、二つのことをきめました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戰爭をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戰力の放棄といいます。「放棄」とは「すててしまう」ということです。しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの國よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
 もう一つは、よその國と爭いごとがおこったとき、けっして戰爭によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの國をほろぼすようなはめになるからです。また、戰爭とまでゆかずとも、國の力で、相手をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。これを戰爭の放棄というのです。そうしてよその國となかよくして、世界中の國が、よい友だちになってくれるようにすれば、日本の國は、さかえてゆけるのです。
 みなさん、あのおそろしい戰爭が、二度とおこらないように、また戰爭を二度とおこさないようにいたしましょう。
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-11 10:19 | 平和情報
d0062770_1140460.jpg 7日朝に起こった、ロンドンでの連続爆破事件・郵政民営化法案に対して、
8日・9日と市内19箇所で街頭宣伝をしてきました。
 現地時間7日朝、ロンドンで通勤時の地下鉄やバスで連続爆破事件がおきました。
 この爆破事件がもしテロだとすれば、「テロに屈するな!」という声がますます大きくなり、対テロd0062770_11405437.jpg戦争が拡大する可能性が出てきます。
 しかし、「対テロ戦争」でテロをなくすことはできません。
現在のアフガニスタンやイラクの状況をからわかるとおり、「戦争がテロを呼び、テロがまた戦争を呼び、その戦争がさらにテロを呼ぶ」この「憎しみと殺戮の悪循環」をみれば「対テロ戦争」が「全世界へのテロの拡大を招いている」ことが明らかです。
d0062770_11413276.jpg
 日本をテロの被害から守ろうと考えるなら、まず、イラクから自衛隊を撤退させること。
さらに「テロの根絶」のためには世界中で平和教育を行うことと、世界中の軍事費を、世界中の人々貧困を根絶させるために使うことではないでしょうか。


  
 
 
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-10 12:14 | とびとび日記
d0062770_12391668.jpg 7月3日、全日本年金者組合夕張支部の18回大会にうかがいました。この組合には私も「誰もが最低保障年金をもらえるように」という主旨に賛同して、賛助会員として入会しています。
 
 夕張市議会の議会報告と北海道道警裏金問題、大増税の問題などを短くまとめてお話させていただきました。

 総会後の懇親会ではカラオケで「愛燦燦」をご披露、たくさんの拍手をいただきました。(^^♪
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-04 12:38 | とびとび日記
d0062770_130267.jpg 7月2日札幌市で開催された第48回北海道母親大会に参加しました。

 約2500人の参加で、いつもながら会場はあふれる熱気に包まれました。
オープニングの 「私は日本国憲法です」の朗読、母親合唱「母の心をわかってください」「憲法九条五月晴れ」「とべよ鳩よ」。

d0062770_1302664.jpg
 引き続き、各年代の女性たちの「憲法に心をよせて」と題した日常生活に密着したメッセージの発表。



d0062770_1320023.jpg
 記念講演は「信州二つの美術館からー生と死の画家」と題して窪島誠一郎さんが講演されました。

 最後に「母親パレード」(デモ行進)です。
「小泉首相は靖国参拝をやめなさ~い!」
「イラクから自衛隊を戻しなさ~い!」
「郵政民営化はんた~い!」
d0062770_16291118.jpg
「誰もが暮らせる年金を保証しなさ~い!」
「憲法をまもりなさ~い!」と、
たくさんの女性たちの声が、北海道の首都、札幌の街に響きました。


「私は日本国憲法です」 永井和子

あなたの暮らしのそばにいます
あなたが職場で差別されたり
単身赴任の孤独な夜や
未来に希望をなくしたとき
思い出してください わたしのことを
私は 憲法第27条です
d0062770_1630337.jpg
あなたの家族と一緒にいます
早すぎる授業に泣いて帰る子
真面目な教師が職場を追われ
子どもの夢が見えないとき
思い出してください わたしのことを
私は 憲法第26条です
d0062770_1322439.jpg
あなたの命を守っています
食べることに負われて遠ざかる病院
減らされ続ける年金への怒り
豊かに生きる権利が奪われるとき
思い出してください 私のことを
私は 憲法第25条です
d0062770_1326780.jpg
あなたの願いで生まれたのです
誰もが黙ってうつむいていた時代
青年は戦争で死ぬ日を待ち
未来が絶望で閉ざされたとき
みんなが願ったのです 私のことを
私が 憲法第9条です

世界にさきがけ生まれたのです
戦争と戦力の放棄 誓っています
主権在民うたっています
基本的人権掲げています
社会的・経済的権利 明記しています
私が 憲法前文です

世界に誇れる新しさなのです
地球が核兵器で壊されないように
世界から餓える人がいなくなるように
すべての命がいとおしまれるように
今、声をあげて守っていこう
私が あなたの憲法です
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-03 20:22 | とびとび日記
あるサイトに次のような書き込みが・・・

・・・・皇族24人に宮内庁費110億円・皇室費69億円、お一人さまにつき年間7億5千万も費やされる! その周辺をみるにつけても、
 愛子ちゃんをはじめ皇族の女性には年間2千万の<おこづかい>、男性はもっと多い、なぜそんなに使えるのでしょうか、国民の税金を! これでは成人するまでに少なくとも3億円は貯まっているでしょうね・・・。
 それでいいのでしょうか、多くの皇族方も国民同様に仕事を持って働かれていいんじゃないでしょうか・・・・・・・

 マスコミではタブーでも、インターネットの世界から変革の兆しが見えているようにも思います。

 さて、教科書の展示場で扶桑社「新しい歴史教科書」をしっかりとこの目で確かめてきました。

 一見、普通の読みやすそうな教科書ですが、神話のコラムを見ると、「天照大神は太陽の神で皇室の祖先・・・」??というような記載が!!

 問題点は頭の中では理解して見に行ったつもりでしたが、こうも、あっけらかんと書かれると???なんとも、不思議な気持ちになりました。

 「大東亜戦争」「大戦果」「現地の人々の協力があってこその勝利」「アジア開放に果たした日本の役割・・・アジアの人々を勇気付けた」

 さらに、立派な戦争目的の戦争にも部分的には否定面もあるといった位置づけで、日本語教育や神社参拝、現地人の過酷な労働に少し触れていますが、戦争の侵略的性格への批判はまったくなし。

 戦後インドネシアが独立を勝ち取ったのも、インドが独立をしたのも日本のおかげと思わせる口ぶりで歴史を語り、

さらに「これらの地域では、戦前より独立に向けた動きがあったが、その中で日本軍の南方進出は、アジア諸国が独立を早めるひとつのきっかけともなった」

 アジア侵略の戦争を、アジア開放と言いくるめる、アジアを侵略し野蛮な抑圧のかぎりを尽くした日本を「アジアの解放者」と描き出す教科書、これをアジアの国々が許すわけがありません。

 また、当時日本の戦争目的として最も広く宣伝されたスローガンーーー「八紘一宇」…天皇の支配下に世界を統一する…神の国・日本が支配者として
「大東亜共栄圏」に君臨するというスローガンについては、都合が悪かったらしく削り落とされています。

 締めくくりは特攻隊員の遺書2通。
無数の青年たちが、自分としては純粋な気持ちをささげ、この戦争を神聖な戦争ーー聖戦だと信じて、あの誤った侵略戦争で貴重な生命を失っていったのに、

この遺書に続けて子どもたちに「日本はなぜアメリカと戦争をしたのか、これまでの学習・戦争中の人々の気持ち・上の特攻隊員の遺書や、当時の回想録を読んで考えてみよう」とあります。

・私が生きているのは特攻隊員のおかげ。ありがたい。
・自分の身を犠牲にした日本の偉人
この2点は朝日新聞01年7月2日に掲載された「どうする教科書 採択を前に 上」で紹介された横浜市立中学2年の感想です。

国が検定を行っている教科書にこの記述・・・。
時代錯誤だと思いますが、中学生の純真な心には戦時中の軍国少年がそうだったようにしみこんでいきそうで、本当に恐ろしくなります。

 二十一世紀は人権の世紀。
戦争するには人権が一番邪魔です。

 いろんなところで憲法にうたわれた、国民主権・恒久平和・基本的人権の尊重をはなし、国民の意識に憲法を根付かせる努力が必要だとしみじみ思いました。
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-01 18:12 | とびとび日記