平和と暮らしと自由をまもるために、ご一緒に考えてみませんか? 主権者として・・・。  ご意見・ご感想はメールで mail@kumagai-keiko.net へ お願いいたします。


by kumakei22
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:平和情報( 35 )

5月27日(金)
午前10時10分~
NHK・BS1にて、

BSドキュメンタリー
アルモーメンホテルの子どもたち
  ~がんと闘うイラクの家族~

が再放送するというお知らせが
回ってきましたので転送致します。

ちょっと調べたところ、
ホームページ等の番組には載 ってませんが、
視聴者センターに問い合わせたところ、
番組の編成が変わったようで、
ちゃんと27日(金)に放送するそうです。

こういった番組は是非是非!応援しましょう。
(常にメディアに声を届けることをお忘れなく!)

番組へのご意見・お問い合わせ
https://www.nhk.or.jp/plaza/mail_program/bs.html

NHK視聴者センター
0570066066

私も電話かけたときに忘れずに御礼を言っておきました。
反響が多いと、こういう番組をまた作ってくれる可能性が出てきますから。

以下転送。
NHKのディレクターさんから連絡がありました。
先般放映された番組の再放送、明日です。
以下、転送。

<BS1で再放送>

みなさま

いつもお世話になっております。

先日放送しました
BSドキュメンタリー
 アルモーメンホテルの子どもたち
  ~がんと闘うイラクの家族~

ですが、好評だったようで、BS1で再放送いたします。

5月27日(金)
午前10時10分~(50分)です。

お近くの方におしらせくださいませ。
よろしくお願いいたします。

 *       *       *
転送以上
是非たくさんの方に見ていただきたいと思います!
お知り合いにもお知らせください
[PR]
by kumakei22 | 2005-05-27 02:34 | 平和情報
★グローバル・ピース・キャンペーン★OPEN-J 491より
■転送・転載・大歓迎■


◆きくちゆみ◆(1)

『戦争中毒』の出版人であり『テロリストは誰?』の編集者でもある
フランク・ ドリルが私のことを主催者に紹介してくれたおかげで、
私はその式典でクシニッ チを紹介する大役を仰せつかりました。
日本出発は5月13日の金曜日。午後3時に発ち、同日朝にロス到着。
フランク が空港まで迎えにきてくれました。
夕飯は彼の家の新しいキッチンで私がイタリ アン料理の腕を振るいました。

翌日はロス在住の日本人グループにミニ講演と上映(『テロリストは誰?』
のダ イジェスト版と『戦争中毒』のプレビュー)会をさせてもらいました。

このご縁 は冬の間我が家の留守番をしてくれていたアコちゃんがくれました。
彼のお兄さ んの村川博さんがロス在住で、彼が友人に
声をかけてくれたおかげで20数人の
日本人と日系人の方々にお話ができました。

翌日は、朝早くアーリントン・ウエストを見にサンタモニカの海岸へ。
これは米 兵のイラクでの死者を弔うために平和のための
退役軍人会が毎週日曜日に海岸で 行っています。
詳しくは下記のサイトからArlington Westをクリックしてくださ い。http://www.addictetowar.com

サンタモニカはロス一番の観光スポットのひとつ。
海岸にずらりと十字架がなら ぶすぐ横にボードウォークがあり、
日曜日は多くの人でごったがえします。
ここ に来る人は戦争に反対でも賛成でもみな立ち止まり、
イラクでの米兵の死者数、名前、亡くなった年齢と場所、
家族や友人からのメッセージを読み、まだ若すぎ る死を迎えた
兵士たちの写真をみて、多くの人が泣き始めます。
そして、このメッセージにはっとするのです。

「もしイラク人の死者も弔らったなら、この海岸全体が墓標で
埋め尽くされるだ ろう」

この模様をドキュメンタリー映画にした『アーリントン・ウエスト
(Arlington West)』が、今ロスを中心に高校や大学などで上映され、
米軍に志願しようとし ていた若者たちに米政府とは別の角度の情報を
提供するのに役立っています。
こ の映画と全米各地に広がりつつあるアーリントン・ウエストの
ムーブメントにつ いては、どこかに記事を書くつもりです。
[PR]
by kumakei22 | 2005-05-23 11:45 | 平和情報
非戦つうしん」(http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/hisen0.html)の毛利弁護士が発起人兼事務局をされている、”小泉内閣総理大臣に、東条英機など14名のA級戦犯を合祀する「靖国神社を参拝しない」と宣言することを求める署名”です。10000人を目標にしています。是非ご協力を!毛利先生がWEBサイトを作ってくれました。
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/05.4yasukuni.html

↑HPをお持ちの方はリンクしてください。
メール送信が可能な方はメールで上記URLを貼り付けて、お知り合いに広めてください。
上記WEBサイトで署名用紙をダウンロードも出来ます。それをFAXで送ることもできます。
[PR]
by kumakei22 | 2005-05-09 01:17 | 平和情報
今朝の赤旗「朝の風」で紹介された
・・・・各地の集会などに多彩に活用できる絶好のテキストを紹介します・・・・

http://www.ne.jp/asahi/hiroba/shijin-kaigi/sakuhinnsyoukai/0412syupureiko-ru/0412.htm

詩人会議のシュプレヒコール

  九条で世界を照らせ!
 詩・演出 秋村宏

朗 読 葛原りょう   鈴木文子   美異亜
--------------------------------------------------------------------------------
憲法は空気

汚れのない空気だ

わたしたちは五八年間 吸ってきた

吸いたくないと思ったか?

NO!

息ぐるしくなったか?

NO!

汚れているのか?

NO!


わたしたちは五八年間 生きてきた

そうだろう

わたしたちは五八年間 戦争をはじめなかった

ほかの国の人間を殺さなかった



人は

平和のなかでこそ

平穏と笑いをもてる

飢えがない


いや すくない

破壊がない

いや すくない

国と国の境をなくしたい

いや できたらいい


夢を追うのが詩人だとしたら

あなたは日本国憲法そのものだ


わたしたちの議論は

統制されないものがいい

わたしたちの集会は

自由にふるまえる場所がいい

わたしたちの歌は

「君が代」でないものがいい

わたしたちの旗は

血で汚れた日の丸でないのがいい


わたしたちは五八年間

この国の主人公だ

わたしたちは政府に命令することができる

わたしたちは平和を望むといった

わたしたちは専制と隷従 圧迫と偏狭は除くといった

わたしたちは恐怖と欠乏から免れたいといった

わたしたちは永久に戦争を放棄するといった


五八年間 それがわたしたちの背骨だ

いや 空気だ


あなたの詩もそうだったのではないか


恋も友も妻も夫も子どもも

仕事も

孤独も愛もつながりも

川も木も空もけものも街も

すべて平和のなかにあった

けれど戦争はいくども起こり

人間の尊厳を守るために

わたしたちはたたかった


昨年、テレビであるアメリカ人がいっていた

大統領選に立候補できるのは

莫大な選挙費用を集められる人だけ

ブッシュのスポンサーは軍需産業と石油

産業

お礼をするには

戦争をするしかない と

再選されたブッシュ大統領は戦争をする

しかない

小泉首相はその真似をするしかない

日本にあるアメリカの軍事基地を笑って

守るしかない

かれらの考えはわかりやすい

国民を主人公にしたくない

個人の権利は制限されてもいい

国家が国民を統率すればいい

いろいろな考えかたがあるより一つがいい

その方がわかりやすくていい


かれらは「正義」という看板をかかげて

資本の在庫を売りさばく番頭だ


すべて権力は、国民に由来する。ベルギー王国憲法。

労働に基礎を置く民主的共和国であり、

主権は、人民に属する。イタリア共和国憲法。

共和国の原理は、人民の、人民のための、

人民による政治である。フランス共和国憲法。

すべての権力は、人民に属する。中華人民共和国憲法。


想像力はすべて現実から出発する


さあ みえないものをみよう

いまわたしたちがみたものを

きいたものを

その意味を明らかにしよう

多くの人にむかって

わたしが探りだしたものです 

そういって差しだそう


平和から戦争へ

政府・与党が歴史をまげようとしている時

わたしたちは生きている証人だ



  権力行使者へ

未来に戦争をおくことの貧しさよ

言葉にどんな花を咲かせようと

死をまんなかにおくことの虚しさ

いまかれらは笑っているが

平和のまえでは孤独にみえるよ


あなたは 怒ってもいい 悲しんでもいい

笑ってもいい 喜んでもいい

茶化してもいい けんかしてもいい

静かでもいい 軽々しくてもいい

短くてもいい 長くてもいい

散らばってもいい 凝縮してもいい


わたしたちはそうして 五八年間

空気を吸ってきた

言葉を信じてきた


それぞれのちがった言葉は美しい

それぞれの平和を語る言葉が美しい

それぞれの戦争を認めない言葉は美しい


九条を世界へ差しだそう!


その光りが世界に届くのは

わたしたち自身が輝いた時だ

わたしたち自身が輝いた時だ

わたしたち自身が輝いた時だ


わたしたちはいつまでも国の主人公

そのなかの一人の

詩を書く人間だ

詩を書く人間だ

詩人だ



*詩「9条で世界をてらせ!」は各地で朗読される場合の加除、訂正、ことに最終連は集会の性格にそって書き換えても結構です。

[PR]
by kumakei22 | 2005-05-09 01:05 | 平和情報
国連本部にてワークショップ「”ヒバク(体外および体内)再考ーヒロシマ・ナガサキからイラクまで」が開かれます。
今もイラクで使われ、人類を滅亡に近づけるこの兵器の恐ろしさがよくわかります。特にフォトジャーナリスト森住卓さんのかわいらしい少女の写真と端的な説明分は必見です。(http://www.cadu-jp.org/Safaa.html)
詳しくはLove Peace のページを。
[PR]
by kumakei22 | 2005-05-07 01:03 | 平和情報