平和と暮らしと自由をまもるために、ご一緒に考えてみませんか? 主権者として・・・。  ご意見・ご感想はメールで mail@kumagai-keiko.net へ お願いいたします。


by kumakei22
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

子どもや孫たちの未来のためにも・・・

「平和・暮らし・自由を 守りたい」 との思いで、さまざまな情報を発信してまいりました。 

 今回の 扶桑社「新しい歴史教科書」採択にかかわって、また従軍慰安婦問題にかかわって
たくさんのメールをいただきました。
 
 その一通一通にお返事を書くことが大切なことだと思いますが、残念ながら時間的に困難と思われる数のメールです。

 そこでこのサイト上でメールの返信にかわるものとして考えを述べたいと思います。

 現在日本の国内には、ニュースソースとして全国的なシェアを持つ大手の新聞、また、地方新聞、雑誌、テレビ番組があります。

 また、インターネットでのさまざまなニュースやその他の情報、さらに資料館的なサイトも増えてきました。

 新聞・テレビ・雑誌・インターネット上の情報と、私たちの日常は「情報の渦」のなかで暮らしています。しかし、その情報は、ある人間(たち)が”事実をみたり聞いたりしたことについて、考え、文章にまとめたもの”ですから、記者・編集者や筆者の考え方が(無意識であっても)反映されているとみなければなりません。

 また、インターネットでの検索は、探したいテーマについて多種多様な情報の所在を提示してくれますが、その情報の正否は各自が判断しなければなりません。

 そこで必要なのは真実を見極める目、だと思うのです。

 この地球上で起きた、さまざまな事件や事象が自分たちの暮らしにどういう影響をあたえているのか、現在のままでは数十年先にはエネルギーも食料も足りなくなるという科学者の予測に対して、子どもや孫たちの世代に向けて私たちがしなければならないことは何なのか、私はその視点で情報を発信していきたいと考えています。

 これらすべての情報から、一人一人が気になることを調べ、判断し、それをもとに個人の責任において、どんな意思表示をし、どんな行動を起こす(あまりにも当然ですが、法律の範囲内で)のか、起こさないのか。

 その「一人一人の考え方、意思表示、行動」が 今後の日本を創っていくのだと思います。
 それが「国民主権」であり「民主主義」の本来の姿ではないでしょうか。

 一つの情報として、 次の 7月21日の提言 “日本の教育の根本部分に「介入」してきた者” 是非お読みください。
 

 
[PR]
by kumakei22 | 2005-07-23 10:24 | とびとび日記